StoreFINDとは?

2004年より、弊社は市場に先駆けて、お客様と共に本部と店舗の情報流についてノウハウを蓄積してきました。
前身の製品では、累計125社22,500店舗の企業様にご利用いただきました。

チェーンストアの情報流をスマートにすることで、店舗が主役となり、お店で働く人が接客や売場作りでより活躍できるよう、サービスを通じて支援いたします。


StoreFINDの特長

店舗は見るべき・やるべきの判断がスマートに

本部・店舗間の情報連携はできていても、店舗内では誰が何をすべきか、の判断や情報共有が別途必要に。結果、指示の実行状況が本部・店舗共に把握しづらくなってしまいます。
つまり、「店舗」に連絡するよりも「役割=実行責任者」に連絡したほうが、業務がスムーズです。
StoreFINDは、今まで店舗宛てのメールや指示書に書いていたような「どの役割にやってほしいか」を「役割ふせん」を使って明確にできます。

  • 指示書は店舗の「役割ふせん」別に表示されるから、店舗スタッフは「自分のやること」をひと目で見つけて実行できます。
  • 「連絡ふせん」「部門ふせん」を活用すれば、さまざまな連絡パターンにフィット。指示書に関連する人も、ひと目で情報を見つけられます。

本部・店舗共に情報連携へのストレスが軽減

  • 1つの指示書内で、複数のタスクを添付したスマートな指示書を作成できるので、やること・役割の指定が簡潔に。指示の多発も防止します。
  • 店舗に設定されている「役割」別に「やること」が送り分けられるので、不要な連絡が届くことを防ぎます。

従来のグループウェア

1つの指示書に1つのやることを設定した場合

店舗に多数の指示書が届く・・・
本部も集計が大変・・・

1つの指示書にやることを複数記載した場合

誰が何をどこまで対応しているのかが分からない・・・

1つの指示書内でやることを個別に設定し、やること別に期日を設定

1つの指示書でやること別に進捗が分かる!


StoreFINDでできること

店舗

報告・回答
やることが明確にわかり、本部への完了報告・回答が簡単。
業務分担
サブ担当機能を使えば店舗内で業務分担が可能です。
店舗内指示
店舗内でも指示書を使って<やること>(TODO)の管理ができます。

本部

管理機能
店舗への発信や、実行状況の進捗確認、回答の取りまとめが簡単。
<ふせん>で指示
<ふせん>を使えば、店舗の担当者、関係者へ指示や情報を適切に届けることができます。

「ふせん」を活用しよう!

StoreFINDは、受け手の店舗従業員が「ふせん」を見て必要な情報をすぐに見つけられるような仕組みを採り入れています。本部が店舗へ送る紙の指示書にふせんを貼るようなイメージです。